24歳サラリーマン(営業)のセフレ体験

大学時代から付き合っている彼女がいるのですが、セックスをはじめとして色々なことがマンネリ化していました。
そこで新しい刺激を求めて、セフレをつくろうと考えました。
セフレが何人かいる友人に尋ねてみると、Jメールがよさそうであることがわかりました。
そこで早速Jメールに登録しました。

自己紹介の部分では、正直にセフレを募集していることを書き、自分の顔写真を偽りなく使いました。
昔からイケメンであると周囲からは言われていて、実際に女性からの反応はよかったと思います。
Jメールでは、自分と同じようにセフレを募集している女性が思っていたよりもかなりたくさんいてびっくりしました。
後腐れがないようにセフレ募集としっかり明記している子と何人か連絡を取りました。
そのうちの何人かとは、実際にセックスをすることができたのでそのうちの一人を紹介します。

大学生の子でした。
顔はかわいい子ではなかったのですが、メールでのやりとりをしていて「この子おもしろいなぁ」と感じていたので、会ってみることにしました。
実際にあってみると、メールでのやりとりよりも、鋭い切り返しでボキャブラリーも多くて本当におもしろい子でした。
二人で店を回って、食事をしてその後ホテルへ行きました。
彼女の胸はCカップらしいのですが、からだ全体の感度がよく、こちらが触ったり舐めたりするたびに体を震わせていて、セックスをしていて楽しかったです。
こんな彼女ならセフレなんて作り放題なのでは、と思ってそのことについて聞いてみると、自分の周囲の人間関係でセフレを作った経験があり、その相手と最後に非常にもつれたことがあるらしく、それから出会い系サイトを利用しているとのことです。

Jメールを使った感想は、自分が思っているよりも女性もHなことがしたいのだなと感じました。
特に人妻にその傾向が強いらしくて、私もたくさんの人妻からアプローチされました。
ばれたときのリスクを考えて、私は人妻はお断りしていたのですが、そのリスクを冒すことができるならセフレはすぐにできると思います。

今セフレは二人いて、その子たちのおかげで彼女とのセックスも新鮮なものとなり非常に満足しています。